たとえば十六夜の様に

14
9

いわゆる、完璧主義の真逆なわけよ。
欠点や瑕があるものが好きって言うか、しか愛せないって言うか。別に悪い事じゃないでしょ?ほら人間誰しも欠点抱えて生きてるじゃない?むしろ欠点だらけって言っても過言じゃないと思うの。床に何年分の埃が堆積してたり、引き出しや棚の中が全部ばらばらだったり、流しが使用済み食器とゴミで埋まってたりするのも、ずぼらとかだらしないとは違うのよ。片付けようと思えばピカピカに片付けられるけど、あえて混沌と無秩序に身を置きたい、要は美学の体現なわけ。
だって、汚れたり壊れたり狂った物って美しいでしょ?錆びた時計とか、剥き出しの骨組みとか、割れたガラスとか手足のもげた人形とか、独特の危うさと退廃的な雰囲気が、すごくそそるじゃない。

だからね、貴方にこうしてるのも、愛ゆえだって事を解ってほしいの。……大丈夫任せて。この部屋、防音はしっかり利くし、私、刃物はちょっと自信あるから。
ホラー
公開:19/09/07 00:54
本当だったら怖い仮定の医学 欠癖性(けっぺきしょう)

創樹( 富山 )

創樹(もとき)と申します。
前職は花屋。現在は葬祭系の生花事業部に勤務の傍ら、物書き(もどき)をしております。

小石 創樹(こいわ もとき)名にて、AmazonでKindle書籍(電子/紙)を出版中。ご興味をお持ちの方、よろしければ覗いてやって下さい。

☆SSGと皆様のお陰で生まれた本たち☆

ショートショート・アソート
Ver.0~街角のキセキ(※無料お試し版)
Ver.1~フラワリング・ライフ
Ver.2~机上ファンタジア

詩集
君に伝えたかったんだ。

いつも本当に、ありがとうございます!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容