未来からの使者

14
10

「ねえ、何してるの?」

突然話しかけられて、思わず振り返った。
背の高い女性が立っている。私は机に向かって、ショートショートを書いていたところだった。

「ちょっと見せて。『クイズショー』か……」
彼女は作品を読みながら、軽くうなずいた。
「面白いじゃない」

「初めて書いたんです。全然自信がなくて」
「続けなさい。きっといいことがあるから」

楽しく書けることもあれば、アイデアに詰まって書けなくなったこともあった。そんな時は彼女の言葉を思い出した。

あっという間に、初投稿から1年が経った。
作品を読んでもらえるのって、こんなに嬉しいことなんだ。くじけそうになっても、心強い仲間がいる。

「あの人の言った通りだったな」
ふと、不思議な女性を思い出す。

「そうだ!」
いい考えがある。

「1年前の自分に伝えに行こう」
私は時の扉を開けた。
その他
公開:19/09/09 04:39
更新:19/09/09 05:11
ガーデン投稿1周年 いつもありがとうございます

ロッサ( 大阪府 )

短い物書き。
皆さんの「面白かったよ!」が何よりも励みになります。誰かの心に届く作品を書いていきたいです。

54字の物語・更新情報はTwitterでチェック! ぜひ遊びに来てください。
https://twitter.com/leyenda_rosa

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容