クラゲ花火

27
42

お盆過ぎの夜の浜辺。
ビーサンを脱いだ僕らの足を洗う波。
『本当に花火上がるの?』
この夏、出会った女の子。
目の前は真っ暗な海。
「とっておきのね。ほらっ」
海面が明るくなり、小山に膨れると何かが空中へと浮かんだ。
『クラゲ?』
様々な色に点滅しながら、上空へと昇っていくクラゲ。
そして、傘が膨らんだと思った瞬間、ぽん!と音を立て、弾けた。
青く輝く触手が、花火のように海へと伸びる。
『きれい』
「しびれるだろ?」
静かに美しく咲くクラゲ花火。
「明日も楽しみだね」
『うん。私もクラゲみたく浮いてきたかも』
「えっ?」
背伸びした彼女からのキス。
『しびれをきらしたんだな』
僕はまだしびれていた。
『明日、はれるかな?』
「はれるかも、唇」
『天気だよ、ばか』
夜空に浮かぶ大量のクラゲが、ぽんぽん弾ける。
幻想的で圧巻のスターマイン。
遠くに見える水平線は、僕らのスタートラインに見えた。
青春
公開:19/08/21 23:20

そるとばたあ( 神奈川 )

【謹賀信念】
2020年もどうぞよろしくお願いいたします。
そるとばたあの400字SSは、『ミュージシャンが曲を作るように物語を描く』をコンセプトとしております。
ことば遊びと文章のリズムにこだわり、音を体感できる物語に挑戦中です。
今年は2nd albumを作ります!

【ディスコグラフィ】
1st  album
『ワンダーメーカー』
1.枠枠村~10.余韻泥棒
(Bonus.ナイトプランナー)

【コンテスト入賞作】
「wwwww」「シーフード」「七バッター」
「クリムトリックアート」
「ナイトプランナー」「ハウスキーパー」
「ニューライフセーバー」「もふく」「止谷アドベンチャー」

楽しんで読んで下さいますよう!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容