赤い正五面体#3

4
8

上野くんが意識不明になって一ヶ月。噂を立てられるのが嫌で気丈に振る舞っていたけど、私の精神はもう崩壊しそうだった。私は上野くんの事を何にも分かっていなかった。というより、私が想いを寄せていた相手は私を呼び出して自殺するところを見せる様な人だった、というのがどうしてもやりきれなかった。
小学校を卒業する時、私が好きだったのは神田くんだった。
帰り道、私は神田くんの家の前に行った。自宅の近くだから、無理はなかった。
月が出る頃、神田くんが現れた。
彼はーー随分違っていた。小学生の頃の輝きはなく、上品な感じも優しい瞳もなく、冷たい目と締まりのない身体をくっつけていた。
がっかり…なんて、してない。今更会ったって迷惑だろうし、そもそも彼は奥手なのだ。彼は男子校に行った筈だが、成程男子校に行くとああなるのか。私は共学で良かった。
あいつみたいになんない様にしないと。私は上野くんのいる病院に向かった。
恋愛
公開:19/08/13 18:55
更新:19/08/14 22:06
赤い正五面体シリーズ

北瓜 彪

アルファポリス
https://www.alphapolis.co.jp/author/detail/664452356
でも活動しております。
読書(特にショートショート)の他、シュルレアリス
ム絵画鑑賞(特にルネ・マグリット)、テレ朝刑事ド
ラマ鑑賞(特に相棒)も楽しんでおります。
ショートショート講座に参加中。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容