猫フィギュア

2
12

「ママが来る!」

皆一斉にニャッと止まった。鞄の中で丸くなるミルク。キョトンと止まるユンボ。ダンボールに首を突っ込むソラ。

「おやつよ」

ママは猫達をジロジロ見る。

「本当にフィギュアなの?」
「フィギュアだって!」

僕はわかってるなという目配せをしてユンボに向けた。ユンボは尻尾を2㎜だけ動かした。そして僕はユンボの首を回した。ユンボの首は人形のように回る。

「すごいでしょ、最近のフィギュアの技術」

ママは信じられないと言いながら部屋を出て行った。

「いいよ!」

ニャリニャリ鳴きながら猫達は動き始めた。

「ごめんね、ママは猫嫌いで」

気にするなとユンボは僕の膝をトントンとした。

「あれ?ポチがきた?!」

『ニャッ!』

僕は一瞬で動作を止めた。そして部屋に飼い犬のポチが入ってきた。

『ニャッニャニャー』

僕はユンボの指示通り首を人形のように回転させた。
ファンタジー
公開:19/08/14 18:38
更新:19/08/16 09:30
ささささん受賞記念 ユンボ

たらはかに( 日本 )

9月は坊ちゃん賞を書くので更新止まります!すみません!!

「平安時代初期には【たらはか】という言葉が存在していました。【自分らしく生きる】という意味だったそうです。私は自分らしさを見つけるべく「たらはかに」という名前に……」突然、真紅のハサミが私の首を落とした。「ナマエカブッテル」犯人はゆっくりと横歩きで逃げていった。

https://twitter.com/tarahakani
猫ショートショート入選 猫いちご練乳味

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容