ねこ走る

14
15

誰かが意味もなく呟いた。
一番速い猫は誰だ?

なぜか世界中の猫が準備を始めた。
家猫も。
野良猫も。
ペットショップの猫も。
動物園の猫も。

北極の中心に立つホッキョクネコが高らかに鳴いた。

にゃーん。

世界中で猫が一斉に走り始めた。
一瞬も止まることなく、速く速く走った。
人々の目に留まらないくらいの速さでどんどん走った。

一年も経つと、世界最速猫は秒速10mにまで達していた。
猫達はまだまだ世界最速を目指した。

人々は徐々に猫の事を忘れ始めた。
そして猫達は更に速度を上げ、ついに音の速さで走り始めた。

猫走る。
空から降り注ぐ流星群のように。

にゃーん。

誰かが鳴いた。
一斉に猫達は走るのを止めた。

そして、猫は知る。
意味が無い事は、意味が無いという事を。
ただ、音を追いかけるのはクセになりそうだと。

でもまたいつか、猫は走り出す。

にゃーん。
ファンタジー
公開:19/08/14 16:09
更新:19/08/14 16:09
ネコ コンテスト未提出作品供養

たらはかに( 日本 )

「平安時代初期には【たらはか】という言葉が存在していました。【自分らしく生きる】という意味だったそうです。私は自分らしさを見つけるべく「たらはかに」という名前に……」突然、真紅のハサミが私の首を落とした。「ナマエカブッテル」犯人はゆっくりと横歩きで逃げていった。

https://twitter.com/tarahakani
猫ショートショート入選 猫いちご練乳味

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容