鍾乳洞雲

17
47

「入道雲の中って、なんだと思う?」
巨大な入道雲を見て、友達の隆がいった。
『さぁ。水分』
「ドライな乾燥だな。来いよ」
隆は土手をかけ下り、川岸のボートに乗った。
「安心しろ。俺の物体浮遊の成績、見たろ」
ボートが水面から浮く。
「漕げよ」
『魔法だろ』
「焦げろ」
真夏の空を昇るボート。
いよいよ、入道雲の中へ。
ひんやりと涼しい。その内部は、雲でできた鍾乳洞が広がっていた。
「この洞窟は、どの入道雲からもアクセスできるらしい」
『クラウドかよ』
薄暗い洞窟を、光るボートがもくもくと進む。
涼んでいる鳥。
鍾乳雲の先端の滴で、喉を潤す。
真下には、水のたまった雲底湖も青く光る。
「出口だ」
が、大きな雷が鳴り、引き返す。
「積乱雲の乱!」
ゲラゲラ笑い、俺らの探検は続いた。

雲を抜けると、もう夜だった。
「おい、後ろ」
振り返ると、月に照らされた入道雲に、雲隠れした俺らの顔が見えた。
ファンタジー
公開:19/08/14 09:27

そるとばたあ( 神奈川 )

【謹賀信念】
2020年もどうぞよろしくお願いいたします。
そるとばたあの400字SSは、『ミュージシャンが曲を作るように物語を描く』をコンセプトとしております。
ことば遊びと文章のリズムにこだわり、音を体感できる物語に挑戦中です。
今年は2nd albumを作ります!

【ディスコグラフィ】
1st  album
『ワンダーメーカー』
1.枠枠村~10.余韻泥棒
(Bonus.ナイトプランナー)

【コンテスト入賞作】
「wwwww」「シーフード」「七バッター」
「クリムトリックアート」
「ナイトプランナー」「ハウスキーパー」
「ニューライフセーバー」「もふく」「止谷アドベンチャー」

楽しんで読んで下さいますよう!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容