「ミシンの音」

6
10

駅前に着いた時、不意にミシンの音が聞こえた。幼き頃によく聞いていた音。
空を見上げる。
大きなミシンを巧みに扱う婆ちゃんの背中が浮かぶ。流れる雲が、あの頃ジーッと眺めていた糸のようだ。
優しい風が、汗ばんだぼくの顔を撫でる。
近所のスーパーに行くため、ママチャリにぼくを乗せてはしる婆ちゃんの背中。
夜、一緒の布団で寝た婆ちゃんの背中。
なにかと婆ちゃんについて回っていた幼き頃の思い出が甦る。

今年のお盆、六年前に亡くなった爺ちゃんが、婆ちゃんを連れて、いく。

ぼくは財布から千円札を二枚取り出すと、それをくしゃりと握りしめた。
しわくちゃの千円札。正月やお盆、祖父母の家からの帰りに、婆ちゃんがこっそり握らせてくれたっけ。
さぁ、最後のお別れに向かおう。
ぼくは二千円チャージしたICカードで、改札を抜けた。
イヤホンで音楽を聴いているにもかかわらず、ぼくの耳にはミシンの音が鳴り続いている。
その他
公開:19/08/13 22:22
更新:19/08/13 23:29

壬生乃サル

2019年(8/8~)
・のんびり55本ノック!
22/55 (11月17日現在)
2019年(~8/8)
・500まで(180本)ノック!完走。
2018年(5/13~12/31)
・壬生の(320本)ノック!完走。

壬生乃サル (みぶ の さる)
https://twitter.com/saru_of_32

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容