ダンス

0
6

彼女は、華やかなドレスを身にまとい、舞台の上で踊りを披露している。
まずは、一歩踏み込み、勢いよく高く飛び上がり一回転を決め、着地と同時に、しなやかなラインを斜めに傾かせ、それを強調させる。
その後、舞台上をステップ、ジャンプで往来し、観客の視線を釘付けにする。
まるで、湖の白鳥のように、美しく羽ばたいているかのように、淡い余韻を残した。
彼女から最後の一滴の汗が落ちたと同時に、観客から拍手が湧き上がった。
素晴らしい、ブラボー、口笛を鳴らす者までいる・・・
彼女は最後の舞台挨拶で観客にこう言った。
「私がこの舞台に立てるのは、観客の声援があったからです。私はいつまでも白鳥のように踊り続けたいと思います」
その他
公開:19/08/13 21:49

神代博志( 幸せは自ら掴みにいくんだ )

幸せになりたいのなら、幸せになりたいと心から願い、自身の環境に溺れないように、何年も何遍もそれを願うんだ。幸せを妬むものは不幸である。
どうして不幸が生まれるのか?それは、コンプレックスの塊が葛藤し、他人を傷つけるからである。
ものすごく簡単なんだよ。幸せになることは。でも、難しい。
なにかを得るとなにかを失うから。そのなにかが分からないからもどかしくて、輪廻する。
日本で幸福度を100%にする方法は、平等な環境をつくることである。優しさが溢れる、他人を傷つけない倫理観を身につけ、共存するだけ。
 

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容