ジェネレーション・ギャップ

5
6

やっぱり少女マンガの王道は恋愛ものでしょ。夕方の下校の時に好きな子を待ち伏せて告白とか…

「きもっ!それってストーカーですよね」

寒い日のデートは、男性が自分のコートを女性に着せかけてあげたりとか…

「むり!オトコ臭ハンパなさそう」

プロポーズは『君の作った味噌汁が飲みたい』なんてあったし…

「は?なんで女が作るって決まってんですか?まじ信じらんない」

…ねえ、じゃあアナタはどんな男性がいいの?

「あたし?やっぱ家庭的な人がいいですー。料理うまくて子供好きでー、イヤなこととかあっても文句一つ言わなくてー。あ、顔はイケメンね、もちろん」

なんだ、今も昔も理想は変わらないのね。
ただ『〜の女性』から『〜の男性』になっただけで。
その他
公開:19/11/10 18:39

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容