タコ焼き指南

18
14

らっしゃいっ!
「…6個。醤油で」
へいっ。待っててよ。

毎日やってるとさ、まあ色々あるよね。そういや昔、毎日鉄板で焼かれて嫌んなるって歌が流行っただろ?あんなの贅沢だよ。だってあいつら泳げるんだろ?鯛だもんな。

…おっと返しか、よしきた。くるっ。

何の話だっけ?ああ、鯛焼きの奴らが贅沢ってね。こちとらまんまるのタコ焼き、水に入っても転がるのが精一杯よ。へん、マリモじゃあるまいし。

…ほら、どうだい。いい匂いだろう。たまんないね。

カリッと焼けたタコ焼きに、無愛想な大将が黙ってさっと醤油をぬり、鰹節を手早く散らす。
「…どうも」
これまた無口な客が受け取り、ひょいと1個口に放り込む。
「あふっ!あふふっ!」
はは、顔真っ赤にして口とがらせて。兄さんがタコになってどうすんだい。そういう食べ方はさ、3個めあたりからやるもんだよ。
鉄板に並んだタコ焼きがしゅうしゅうと音を立てて笑った。
その他
公開:19/11/08 19:42

秋田柴子

2019年11月より、SSGの庭師となりました。
現在SSから長編まで幅広く書いております。

【活動歴】
・東京新聞300文字小説 優秀賞1回 入選2回
・SSG 空想競技コンテスト 入賞
・『第二回日本おいしい小説大賞』最終候補(小学館)
・SSマガジン『ベリショーズ vol.5,6,7,light』掲載(Kindle無料配信中)
https://www.amazon.co.jp/dp/B096821HSW

【近況】
 いろいろ書いてます(笑)

【note】
 https://note.com/akishiba_note
  登録なしで読めます。

【Twitter】
 https://twitter.com/CNecozo

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容