変態分別

16
12

ひとりの中年が夜の街に身を潜めていた。

纏った黒のロングコートが闇と調和し、誰も彼に気づかない。コートの下は全裸。そう、彼は露出魔だった。

ターゲットはひとり歩きの女性。慎重に様子を伺っていると、不意に肩を叩かれた。

「あなた、変態でしょ?」

彼は面食らい、逃げる機会を逸した。声の主は婦人警官だった。

「困るのよね…今日は木曜。露出は金曜と決まってるの。知らない?いまや変態は増え続ける一方。取り締まってもキリがない。だから、発想の転換で分別することになったの。月曜はのぞき、火曜は盗撮…決められた曜日と区域内なら変態活動を認めることにしたの。もちろん内容に制限はあるけど」

「…そんなバカな」

「そう?ルールさえ守れば堂々と変態活動できるのよ。今回は特別に見逃すから、次は気をつけて」


パトロールを終え、警官は帰宅し鏡を見た。

「やだ!ヒゲの剃り残し!」

木曜は、女装の日。
その他
公開:19/11/09 09:55
更新:19/11/09 16:04
Twitterにて無茶ぶり お題「変態分別」 また人格が疑われる…。

makihide00( 鳥取→東京→福岡 )

30代後半になりTwitterを開設し、ふとしたきっかけで54字の物語を書き始め、このたびこちらにもお邪魔させて頂きました。

元落研のサガなのか、基本的にオチのアイデア一発勝負なので、長い話は書けません。400字で他愛もない小噺を時々書いていければなぁと思っております。よろしくお願いします。

Twitterのほうでは54字の物語を毎日アップしております。もろもろのくだらない呟きとともに…。
https://twitter.com/makihide00

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容