渋谷の或る川

20
16

「『春の小川』っていう童謡は知っているかい」
「あぁ、小学校の音楽の授業でよく歌った記憶がある」
「あの童謡のモデルになった川が代々木界隈にあって『河骨川』というんだよ」
「へぇ、その川は知らないなあ」
「実は、河骨川は宇田川の支流で、宇田川の本流に当たる川が超有名さ。
その川は、関東ローム層の鉄分の多い土を多く含んでいて赤茶色に染まった。その色が川の名前の由来ともされているよ。
江戸時代には、鮎や鰻が獲れ、蛍が棲息するほどの清流だったんだけれど、戦後の高度経済成長期にドロ川に変わり果ててしまってね。一九六四年の東京オリンピック以降、下水道として暗渠になっていったんだ。
ただ、今その川を綺麗にしようという機運が高まっているんだよ。
その川の名前は『渋谷川』。渋谷は誰でも知っている地名だよね」
「二〇二〇年の東京オリンピック以降、渋谷の街で蛍が見られるようになるといいね!」
その他
公開:19/11/07 19:47
更新:19/11/07 20:45
春の小川 宇田川 関東ローム層 江戸時代 高度経済成長期 一九六四年 東京オリンピック 暗渠 二〇二〇年

山田衆三( 東京 )

1975年奈良県生駒市生まれ。奈良市で育ち、大学時代は京都(御所の近く)、大学院時代は湘南(海ではなく山側)で過ごす。
田丸雅智先生の作品に衝撃を受け、通勤中や休日などで創作活動に励む。
『ショートショートガーデン』で初めて自作「ネコカー」(2019年06月13日)を発表。
読んでくださった方の琴線に触れるような作品を紡ぎだすことが目標。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容