預言者さま(1)

0
5

最果てのこの村に來てから、私はスーシェと名を變へた。一度の生を終へて以降も預言の能力がまだ殘つてゐる。
その特殊な力を生かして、私は人々を助けることがある。その甲斐あつて村には直ぐに受け入れられた。

私は嘗て「お前は神の子か」と問はれて罵られ、茨の鞭で打たれた。病に斃れた少女や墓の中の靑年を生き返らせたからであらうか。
しかし、私は死から蘇らせたのではない。假死にあつたその者たちが再び目を覺ます時を豫め知つてゐたに過ぎなかつた。

湖面の上を步いた、と言はれたこともある。水が引いて遠淺になることを事前に知つてゐただけのことだ。
どれもこれも、私の豫知や預言の能力の賜物だつた。これは生まれつき持つた力なのだらうか。

でも、ひとりだけ、本當に死んだ者を蘇らせたことがある。それは、私自身だつた。
磔刑に處された私は、死して自らの力で再び立ち上がることを得た。そのときに受けた脇腹の傷は今でも…
ファンタジー
公開:19/11/06 22:49
更新:19/12/09 21:56
キリスト外伝

白ねこのため息( あちらこちらにいます )



2019年9月14日から参加いたしました。
しみじみとした後味や不思議な余韻が残る作品を目指しています。
どうぞ宜しく…。
ちなみに、写真は一部を除き、全て自分で撮影したものです。併せてお楽しみ下さい。

【お気軽に各作品の黄色い★をポチって頂けましたら嬉しいです】
☆ブログも更新中。「カツブロ  白ねこのため息」で検索〜‼︎☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(作品やコメントによっては、文字数を出来るだけ節約するために、
改行前などの「。」を省略する場合があります。何卒ご了承下さい)
 

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容