十月の神様

15
19

十月は「神無月」と呼ぶように、全国の神様が島根県の出雲大社に集結する。
出雲大社では年に一度の会合が開かれ、お互いに近況を報告しあう。
日本神話にも語られているとおり太古の昔は天地を創造した神様も、最近の悩みはアナログ化が進んでいることで、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)といったデジタルテクノロジーには無頓着になっていた。
そこで、会合のあとに立ち寄るのが出雲科学館だ。体験型のサイエンスミュージアムで学び、幅広く知識を吸収してから帰途につく。
ただ、花より団子、色気より食い気というように、出雲大社とゆかりの深いフグのお茶漬け「うず煮」や出雲そば、スズキ、ヨシエビ、ウナギ、アマサギ、シラウオ、コイ、シジミーー宍道湖七珍(宍道湖の代表的な七種の魚介類)など、ご当地グルメだけ堪能して満腹で帰る神様もいたりする。
人間にも該当するような者がいるけれど、神様もあまり変わらないようだ。
その他
公開:19/10/31 22:20
十月 神無月 神様 出雲大社 デジタルテクノロジー 出雲科学館 うず煮 出雲そば 宍道湖 ご当地グルメ

山田衆三( 東京 )

1975年奈良県生駒市生まれ。奈良市で育ち、大学時代は京都(御所の近く)、大学院時代は湘南(海ではなく山側)で過ごす。
田丸雅智先生の作品に衝撃を受け、通勤中や休日などで創作活動に励む。
『ショートショートガーデン』で初めて自作「ネコカー」(2019年06月13日)を発表。
読んでくださった方の琴線に触れるような作品を紡ぎだすことが目標。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容