弱竹31 (なよたけサーティワン)

11
7

――はて。この密室に閉じ込められてから、どのくらい経つだろう。
窓もドアも無いので時間が掴めない。
そもそも何故ここに居るのかさえ、記憶が朧だ。かくれんぼをしていた気もするし、自ら迷い込んだ気もするし、何か悪いことをして閉じ込められた気もする。そう疑問に思い始めてからも……。  
――じきに迎えが来るだろう。
――誰かが見つけてくれるだろう。
――私にはそういう人が現れるだろう。
などと呑気に構えていたせいか、機を失してしまった。
――否。違う。
世間様がいう所の『旬』を過ぎてしまった頃、私は自らの意思で『自分磨き』という名の『婚活』を辞めたのだ。な~にが『貴女が輝く為に』だ。人間は発光しねぇよ。
もう、夢みるお姫様だなんて言わせない。キッと顔を上げて気が付いた。
――あ。ここ、開く。 
節を持ち上げ顔を出す。夜風が心地よい。
私を乗せた竹はどんどん伸びて、今や下界より月の方が近かった。
青春
公開:19/10/11 20:02
更新:19/10/17 02:11

椿あやか( 猫町。 )

【椿あやか】(旧PN:AYAKA) 
◆Twitter:@ayaka_nyaa5

◆第18回坊っちゃん文学賞大賞受賞
◆紙媒体で単著が出せるよう、精進中です。
◆お問合せなど御座いましたらTwitterのDM、メールまでお願い申し上げます。

◆【他サイト】
【note】400字以上の作品や日常報告など
https://note.com/nekometubaki
【NOVEL DAYS】
https://novel.daysneo.com/author/Tsubaki_Ayaka/



 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容