猫の天使と運命の糸

6
10

僕が天使になるなんて。どうやら天使も人材不足らしい。つまり神様は猫の手を借りたってわけか。

僕の仕事は、運命の白い糸を結ぶ役目なんだ。神様が相性のいい二人を白い糸で結んで試されるんだって。どちらかが本気じゃないってわかったら、結んだ糸は解けてしまうんだ。糸が強く結ばれて赤く染まった二人は、運命を共にするってわけさ。

僕は天使となって下界に向かい、喧噪な街へと舞い降りた。
神様に指定された男子と女子を見つけると、白い糸で結んであげた。僕は天使だから二人には見えないんだ。とってもお似合いのカップルだった。赤くなるといいなぁ。その時、ある男が黒い糸を引いて歩いていた。ニャニャ!髭がピンと反応した。怪しいヤツだ。僕は神様につながる糸電話で通報した。
「よく見つけてくれた。その男は女を騙して詐欺を働く奴じゃ」
僕は神様に頼まれ、黒い糸の端を地獄にいる閻魔大王に届けると、カリカリのおやつを頂いた。
ファンタジー
公開:19/06/26 18:21
更新:19/06/27 08:08
スクー 本気じゃないって運命の糸

豊丸晃生( 大阪 )

ショートショートの神様、星 新一を崇拝しています。
お笑い系のショートショートを中心に書いていきたいと思いますので、よろしくです(^^)。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容