幼馴染届4 ~哲生~

8
7

莉音が苦しそうに胸に手を当てていた。
「莉音、大丈夫か!?」
莉音は激痛に襲われているはずだった。しかし、心配する僕に莉音は冷ややかな視線を返した。
「おいこらテツ、私の頭がおかしくなったと思ってるわけ?」
「そうじゃない。体は痛くないのか?」
「ドキドキしてるわ。おまけに足も震えてるわ。文句あんのか!」
「平気なのか?」
「平気なわけあるかバカ!告って、そんな返しされたらヘコむわよ!」
へなへなと力が抜けた。幼馴染届の呪いは莉音には関係なかったらしい。
僕は莉音に呪いのことを話した。
「呪いなんてあるわけないじゃない。テツは少女マンガのヒロインか」
そんなバカな。あの激痛はただのドキドキじゃなかった。それに莉音がピンチの時に体が痺れた説明がつかない。
でも、確かに呪いは消えていた。
「で、テツはどうなの?」
そんなの決まってる。
僕は大きく息を吸って叫んだ。

「俺は莉音が大好きだー!」
恋愛
公開:19/06/24 23:00
更新:19/07/16 10:39
スクー 幼馴染届 完結

のりてるぴか( ちばけん )

月の音色リスナーです。
ショートショートって難しい。
最初の頃は400字は短すぎるなんて思ってましたが、色々書くうちに400字に無限の可能性を感じるようになりました。

読んだ人の心が少しでも動いたらいいな。何かを感じてくれたらいいなと思って書いてます。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容