にくきゅう屋

10
8

仕事のせいで疲れの塊になった私、焼肉屋に入ろうとしたが、間違えて肉球屋に入ってしまった。

店に入ると棚の至る所に様々な肉球が並んでいた。手のひらサイズの肉球や無限肉球、肉球スナック~さくっとぷにゅぷにゅ~というお菓子もある。「世界中の肉球を集めたにゃ」というのも嘘ではなさそうだ。

店長の猫が奥から現れた。
「随分、お疲れですにゃ?」
私が頷くと店の奥の肉球ベッドに促され、そのまま寝転がった。

にゃふわっ

はじめての感触だった。寝転がると体中を快感物質で覆われたような感触に包まれた。寝ているようで体が浮いているような不思議な感覚に、疲れが少しずつ薄れていくようだった。

店長の肉球がふにゅぅぅっと私のおでこを押した。意識が遠のきそうだ。
「お疲れを全部吸いますか?」

既に否定する力は持ち合わせてなかった。

に、く、きゅぅぅ

このまま肉球に疲れを全て吸われ、溶けて消えた。
ホラー
公開:19/06/25 20:26

たらはかに( 日本 )

9月は坊ちゃん賞を書くので更新止まります!すみません!!

「平安時代初期には【たらはか】という言葉が存在していました。【自分らしく生きる】という意味だったそうです。私は自分らしさを見つけるべく「たらはかに」という名前に……」突然、真紅のハサミが私の首を落とした。「ナマエカブッテル」犯人はゆっくりと横歩きで逃げていった。

https://twitter.com/tarahakani
猫ショートショート入選 猫いちご練乳味

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容