オセロ猫

20
24

今日は久しぶりに暑い日だ。
太陽の日差しが照りつけて、辺り一面、やけに白く染まっている。

遠くに出掛けたいなと思い立ち、やって来た町。そこかしこに猫がいる。
あ、屋根の上にも。
見ると、黒猫と白猫が横に並んで日なたぼっこ。
黒猫はちょっと暑そうだな~、なんて思っていると、もう一匹白猫がやって来た。
黒猫を挟む形で白猫が並ぶ。

そのとき異変が起きた。

黒猫の毛がざわつき出す。あっという間にそれが膨れ上がったかと思うと、
ぽふん。

小さな破裂音。
なんと。目を疑う。
先程まで真っ黒だったはずの猫が、真っ白になっていたのだ。

まるでオセロみたいだ。そう思っていると、町のいたるところでぽふぽふ鳴り出すではないか。黒猫はみるみるうちに白くなっていく。
ははあ。暑さから逃れるために色がひっくり返る、オセロ猫だ。

猫たちは日差しを反射して、町は一層、白昼夢のように白く染まっていった。
ファンタジー
公開:19/06/24 14:24

たけなが


たくさん物語が作れるよう、精進します。
よろしくお願いします!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容