お散歩ネコ

2
6

午前10時。
社内がなんとなくそわそわしだす。
「ねえ、高田さん、みんなそわそわしだしたけど、何かあるんですか?」
「あ、広杉くんは今日からだったわね。あのね、うふふ」
「なんですか、思わせぶりに」
「愛しの君がやってくるのよ」
「愛しの君?」

カチャ。部屋のドアが開き、カートを押した女性が入ってきた。
「ミャー」

「きゃあ、今日は猫丸君がいるわ」
「ざんねーん。ネコミちゃんは他の部屋にいっちゃったかー」

「あ、あの、高田さん、愛しの君って」
「毎日10時になるとね、『癒し猫隊』がお散歩に来るの」「みんな癒されて作業効率倍増ってわけ」
「でも、僕は犬派なんですよね」
「あーそれは残念。がんばって癒し犬隊作ったらw」

翌日、広杉君は出社してこなかった。
ふと、窓の外からシュプレヒコールが聞こえる。
「犬派にも人権を!」
「犬のお散歩も解禁しろ!」

広杉君…。

社長に届くといいね。
その他
公開:19/06/13 14:38
更新:19/06/13 14:58

いづみ( 東京 )

文章を書くのが大好きです。
いつかちゃんと書きたいと思っているネタが3本ありますが、いまだ手付かずのまま。
まずはショートショートで修行します。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容