ファミリーキャット

6
10

目が覚めると、何かがおかしい。寝てるベッドが異様にデカイ。ジャンプしてベッドから降りる。ベッド以外もデカイ。これ俺のスリッパ?恐る恐る触ると、スリッパを無性に後ろ脚でキックしたくなる。猛烈に噛みたくなる。暴れる魚に見えてきた。噛みついてキックを繰り返す。楽しい。
「コォオラァァ!!」
地を這う鼓膜が破れるぐらいの声と同時に、失神するくらいの打撃を顔に受けた。見ると物凄いデカイ俺の親父がいた。
「祐輔はどこに行ったんだぁ!猫を置いて」
『ニャア』振り向くと俺の妹が白い猫になっている。
「ここにも猫が。腹でも減ったか?ちゅ〜るをあげよう」
親父は猫好きだから面倒見がいいなって、俺も猫になっていた。
とりあえず、ちゅ〜るだ!美味い!!妹と俺と飼い猫の白玉は仲良くちゅ〜るを食べる。よく見たら白玉は母さんだ。
「しかしウチは猫が増えたのに、家族が減ったなぁ」
気にしない、気にしない。
側に居ますよ。
その他
公開:19/06/13 21:04
更新:19/06/14 10:37
猫びより

さささ ゆゆ( 神奈川 )

「漢方ショートショート」シリーズを始めました!

漢方に関する本は色々とありますが、「漢方ショートショート」は不思議な話に漢方を織り交ぜて、不思議な話から皆さんの記憶に残る「漢方養生」を伝えていきたいと思います!
楽しく、健康になろう♪がコンセプトです。
よろしくお願いします!

その他のショートショートも、もちろんやってます!
お楽しみ下さい!楽しいも怖いも不思議もごちゃ混ぜは変わらずです!

Twitter:さささ ゆゆ@sa3_yu2





 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容