真夜中の目覚まし時計

0
5

油断していた。
ある深夜、目覚まし時計が鳴りビックリしてベッドから転倒し骨折をしてしまった。
私は小学校に上がった祝いに祖母から譲り受けたこの目覚まし時計が、昔から苦手だった。
時間をセットするしない関係無く突然アラームが鳴るのだ。
常にドッキリを仕掛けられているようで、臆病な私は怖くて仕方がなかった。
・・・そういえば怪我をして以来目覚まし時計が鳴らなくなった。
さすがのコイツも反省しているんじゃないだろうか。
そんな想像をしている内にギブスを外す日が来た。
何だかギブスがビリビリ振動している気がする。
医者がギブスを割った瞬間、院内に目覚まし時計の爆音が響き渡った。
どうやらギブスが怪我をしている間の、目覚まし時計のアラーム音を吸収していたらしい。
私がそれに気づいたのは失神から目覚めた後だった。
ホラー
公開:19/06/13 12:00
更新:19/06/13 09:56

林 孝光( 東京 )

1日1作、昼の12時頃に投稿しています。

普段は四コマ漫画を描いたり、イラストを描いて遊んでいます。

趣味はジャズピアノです。

ショートショートは中学生の時に筒井康隆先生に出会って衝撃を受けて、星新一先生、藤子F不二雄先生と手を伸ばして読み漁り自分なりに執筆をしていました。

よろしくお願いします❣️

ショートショートの漫画も執筆しています。

漫画ブログ

http://takahaya4.hatenablog.com

 Instagram

https://www.instagram.com/haya4taka32

 

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容