「カワイイ」の罠

10
12

「これ、なんだろう?」

カフェのカウンターで、動物のフィギュアを見つけた。箱には「ご自由にお使いください」と書いてある。

隣の席に座っていた女の子たちは、たくさん並べて写真を撮っていた。SNSにでもアップするのだろうか。

さあ、仕事の続きをしよう。カバンからMacBookを取り出す。

「ちょっと気になるな……」
誘惑に負けて、箱から1つ持ってきた。ペンギンのフィギュアをキーボードに乗せてみる。なかなか可愛いじゃないか。

「もっと置いてみよう」
気がつくとペンギンの隊列ができていた。写真を撮りたくなるのも無理はない。

スマホを取り出し、キーボードに向けた。
「いいね!」

コツン。
腕がカップに当たる。

コーヒーを浴びたペンギンたちは溶けていた。

「砂糖だったんだ」
MacBookはベタベタで、使い物にならなくなった。
その他
公開:19/08/04 20:02
更新:19/08/04 20:20
スクー 甘いMacBook

ロッサ( 大阪府 )

短い物書き。
皆さんの「面白かったよ!」が何よりも励みになります。誰かの心に届く作品を書いていきたいです。

54字の物語・更新情報はTwitterでチェック! ぜひ遊びに来てください。
https://twitter.com/leyenda_rosa

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容