むう子がゆく!

5
12

紙ノ村で電子書背鬼が暴れていた。

「むう子、どうします?」
そう言ったのは、短足なケンタウルス。上半身タンクトップで胸毛が目立つ。一見、ナスのヘタが乗ったような髪型だが、後ろ髪は長くて天然パーマ。変集村の村長だ。
「獏太郎、矢を貸せ♪」
こう言ったのは、ボーイッシュな女の子。腹巻の上から赤いちゃんちゃんこを羽織り、下半身はパッチ。額に冷えピタを貼り、銀髪頭からは二本の角が出ている。変集村の看板娘だ。

獏太郎の背にまたがっているむう子に、鬼が襲い掛かる。矢を手にしたむう子が獏太郎から飛び降りた。

「シャッ!」

矢を一閃。鬼の首がポトン、と落ちた。

「ほれ♪」
むう子がニタニタしながら鬼の首を村人たちに差し出す。
「お、鬼じゃあ!」
村人たちは泣き叫びながら逃げていった。

「この首で電子書籍読めるのにー、ケケケ♪」
陽気なむう子に「キモいですテ……」と、獏太郎は呆れるしかなかった。
ホラー
公開:19/08/01 23:55
更新:19/08/05 17:17

壬生乃サル

2019年(8/8~)
・のんびり55本ノック!
6/55 (9月12日現在)
2019年(~8/8)
・500まで(180本)ノック!完走。
2018年(5/13~12/31)
・壬生の(320本)ノック!完走。

壬生乃サル (みぶ の さる)
https://twitter.com/saru_of_32

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容