ショートショート作家とは

4
6

私には、人と違う世界が見えている…と思う。
ささやかな日常、ありふれた物、そこに映るものが人と違っているらしい。
深夜のコンビニ、並ぶ品物に、魔法の言葉を見つけた。
それは…コーヒー!
夏、涼を感じ、木枯らしの下では、温もりを感じる。
同じ言葉というのに。
これは良い物を見つけたと、ご機嫌で手に取り、レジに向かう。
そんな私を信じられないものを見る様に、カウンターの向こうで絶句する店員さん。
「あの…お会計をお願いしても?」
かけた声をきっかけに、打って変わって店員さんが叫ぶ。
「見てないんですか、強盗が金を奪って逃げていったんですよ!」
え…
全く知らなかったあ!
えっと。
「お互い無事で良かったですね」
にこり。
「えっ、そうですね」
つられて店員さんも、にこり。
場が和む。
「お会計ですね」
コーヒーを手に笑った。
帰り道、ふと心配になる。
レジしてくれたの、通報を済ませた後だよね?
その他
公開:19/07/30 06:34
更新:19/08/27 12:38

誰か

心楽しい読書になりますように。

https://twitter.com/N2lQzhfmQ7KOqHd

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容