オチで落ちる

10
11

「お嬢さん。落ちましたよ」

その男は、首を拾い上げ若い女に差し出した。
「あら、ごめんなさいね」
「妙な特技をお持ちで」
「美味しいものを食べると、ほっぺが落ちるっていうでしょ。私は面白い本を読むと、首が落ちてしまいますのよ」
「ほぅ、その本ですかな?」
「ええ、これは怖いお話のアンソロジーですの」
その本の表紙にはタイトル『ベリショーズ』とショートケーキをゆるキャラにしたようなイラストが描かれていた。そのイラストからは怖いというイメージはなかった。
「少し読ませていただきたいものですな」
女が快く本を差し出すと、男はページをめくり始めた。
……ゴトン。
「あらまあ」
女は男の首を拾い上げた。
「めっちゃ怖かったぁぁ〜!こりゃたしかにオチに落とされますな」

数日後。街中が大変なことになっていた。
「このオチ最高じゃん!」
……ゴトン。
あちこちに首が転がり、その胴体が街を彷徨っていた。
ホラー
公開:19/07/23 22:19
ベリショ祭 B級ホラー

豊丸晃生( 大阪 )

ショートショートの神様、星 新一を崇拝しています。お笑い好きで怪談も好き。
最近はスクーのお題からの作品を楽しく書かせていただいてます。お笑いネタのような作品が多いですね(笑)
【受賞歴】
「渋谷シティ」渋谷ショートショートコンテスト優秀賞受賞。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容