私の落とし物

10
15

泉の中から女神が現れた。

「あなたが落としたのは金の魂ですか?銀の魂ですか?それとも普通の魂ですか?」

私、落としたんですか?

「残念ですが、落としてしまいました」

全く覚えがない。
突然男が私の背後から現れた。

「俺も落としたんだけど」
「男、しばし待ちなさい。さて女、どの魂ですか?」

私は女神に伝えた。
魂を落としたつもりはない、と。
横で男が笑った。

「なんでだろうね」

不快だ。

「なあ俺、先でいいだろ。俺なんて金でも銀でも普通でも無い、クズみたいな魂だったよ」

女神は男に向かって微笑んだ。

「あなたは正直者ですね。じゃあ、この金と銀の魂をあげましょう」

男の頭に金と銀の魂がふぃっと入り込んだ。
突然男は絶叫し、頭を抱えながら地面を転げ回った。

「それはあなたが殺めた魂です」

女神は私に耳打ちした。

「金はあなたのよ」

もし本当なら、いい気味だ。
ホラー
公開:19/07/12 21:20

たらはかに( 日本 )

「平安時代初期には【たらはか】という言葉が存在していました。【自分らしく生きる】という意味だったそうです。私は自分らしさを見つけるべく「たらはかに」という名前に……」突然、真紅のハサミが私の首を落とした。「ナマエカブッテル」犯人はゆっくりと横歩きで逃げていった。

https://twitter.com/tarahakani
猫ショートショート入選 「猫いちご ・練乳味」
渋谷ショートショート入選 「スク・ラブラブ・ランブル交差点(哀)」

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容