ヒゲミドリ先生

1
4

とある小学校。日暮れの職員室で、先生が子供たちの書いた感想文に目を通していた。
それは「ヒゲミドリ先生」というお題で書かせたものだ。ヒゲミドリ先生とは、この先生のアダ名である。

「初めて会った時は気持ちが悪いと思った」
「緑色の髭が有り得ないと思った」
「なんとなくヌメヌメしてて臭いと思った」
「生理的に無理だと思った」
「見た目に反して意外と大人しいなと思った」
「特撮モノの怪人役が似合いそうだと思った」
「先生の事をよく見ているとカッコ良いじゃんと思った」
「キョロキョロした目が可愛いなと思った」
「体の色を変えられるなんて凄いと思った」

感想文を読み終えた先生は、溜め息をついた。
「みんな『と思った』『と思った』ばかりじゃないか。これは、もう一度やり直しだな」
先生は感想文を丸めると、舌を伸ばし、ペロリと食べた。
ヒゲミドリ先生は、AIが生み出したカメレオンとヤギのハーフなのだ。
SF
公開:19/07/11 23:59
更新:19/07/12 00:18
舌が伸びる感想文 スクー

壬生乃サル


2019年
・500まで(180本)ノック!
 155/180 (7月9日時点)

・そるとばたあ宿題
 MIBU NO ALBUM
『壬生モンキーパーク』(全13曲+1)
 01.クロック・マーチ 02.鏡の国
 03.迷宮入り事件 04.「惑星」
 05.筋肉戦隊ムキレンジャー
 06.恋のダンベル 07.きずぐちぐちぐ
 08.野良犬と捨て猫のブルース
 09.「あい」 10.悪夢と夢喰い
 11.しょんぼりヶ丘
 12.キーキーチェイス
 13.The Moon Waltz (32.「針」)

2018年(5/13~12/31)
・壬生の(320本)ノック!完走。

壬生乃サル (みぶ の さる)
https://twitter.com/saru_of_32

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容