チキンキャット

6
10

チキンは臆病な猫だった。
全身の白毛は母親、額から後頭部に伸びる黒毛は父親譲りだった。
彼は自分の黒毛が大好きだった。

しかしある日、喧嘩が弱い彼の黒毛はむしられ、赤い傷を負った。ボス猫は笑った。
「トサカだ!」
自慢の毛を失ったチキンは落ち込み、以来日陰ばかり歩くようになった。それでも、静かに影に溶け込む日々は、不思議と彼を癒してくれた。

そんな中、ボス猫は子分に命じてチキンを再び日陰から引っ張りだした。

ーーやめてよ!

「鶏野郎、食ってやる!」

チキンはボスの牙を避けると同時、ボスの影に、ぽちゃんと飛び込んだ。

「こいつ! 離れろ」

ボスは地面を肉球で叩いたり、体を動かすが、チキンは影から離れない。

ーーいやだ! 怖い!

ついに、ボスはチキンを離すことを諦めた。
ボスの影にはその後、赤い傷がちらつくようになった。
チキンはようやく手にいれた、黒色の体が誇らしかった。
ファンタジー
公開:19/07/08 23:12
更新:19/07/09 20:26

イチフジ( 地球 )

マイペースに書いてきます。
感想いただけると嬉しいです。

とりあえず、100話と、お気に入りにはいる作品を作ることを目標にする

78 蟹座

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容