保護猫と魔術師

4
7

心に傷を負った保護猫の前に現れる銀髪の青年魔術師がいる。
彼は一軒の保護猫カフェに現れた。
ハチワレ猫と白猫を治療をする為に。
ハチワレは彼に気づいて『フー』と威嚇した。彼はクルンと右手を回すと、手に心を癒す櫛を出し、そっとハチワレを撫でた。威嚇したハチワレは櫛で毛を梳かすと平穏な気持ちを取り戻し、ゴロゴロと喉を鳴らす。「もう、取れるぞ」三回梳かすと、櫛に黒いビニール袋が引っかかり、ハチワレの身体から出てきた。「これで人間に捨てられそうになったんだよな。取れたよ」
次は白猫。彼がフーと息を吹きかけた。白猫は白い綿毛になり、空中に舞う。それと同時に身体から黒い釘が下に落ちた。この釘は今まで人間に受けた虐待の傷だ。白い綿毛は彼の腕の中でまた丸くなり、白猫に戻る。白猫は彼の手を優しく舐めた。
「本当は僕の出番がないのが、良いのだが」そう言いカフェを出る彼の後ろには、三つの長い尾っぽが生えていた。
ファンタジー
公開:19/07/08 00:19
更新:19/07/08 00:20
猫びより

さささ ゆゆ( 神奈川 )

「漢方ショートショート」シリーズを始めました!

漢方に関する本は色々とありますが、「漢方ショートショート」は不思議な話に漢方を織り交ぜて、不思議な話から皆さんの記憶に残る「漢方養生」を伝えていきたいと思います!
楽しく、健康になろう♪がコンセプトです。
よろしくお願いします!

その他のショートショートも、もちろんやってます!
お楽しみ下さい!楽しいも怖いも不思議もごちゃ混ぜは変わらずです!

Twitter:さささ ゆゆ@sa3_yu2





 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容