猫の雪洞(ぼんぼり)

6
16

晩蝉が詫び寂しく鳴く夕暮れ、神社の境内に、猫が1匹、猫が2匹と集まってくる。
夜が帳を落とす頃、草むらを見渡すとあちらこちらに猫がいる。何十、いや何百。
外に出れない家猫も皆、窓を眺め神社を見つめる。
晩蝉の声に合わせて、猫の眼が光る。
それはいつもの暗闇で光る眼の輝きとは異なり、仄かに揺らぎ蝋燭の炎のように暖かく光る。
燃ゆる眼は猫の今世の面ではなく黄泉の面を灯し、小々波のように寄せては返し瞬く。
天の川の星たちもここよと瞬く、また小々波のように。
それは、天と地がひとつになり、上下戸惑う、宙に浮く感覚…


「ばあちゃんよ。神社のあれはなんだぁ?」
「あれは猫の雪洞よ。猫たちはこの時期にお盆をすんだぁ。あの世に行った猫達に此処に降りてこいさと、眼の光で教えるのさ」
「そうかぁ、だから今日は足元が温いんだなぁ、タマさオレの足にまとわりついてんだべ」


生死超え、猫は愛を届けに行く。
ファンタジー
公開:19/07/07 12:03
更新:19/07/09 23:36
猫びより

さささ ゆゆ( 神奈川 )

「漢方ショートショート」シリーズを始めました!

漢方に関する本は色々とありますが、「漢方ショートショート」は不思議な話に漢方を織り交ぜて、不思議な話から皆さんの記憶に残る「漢方養生」を伝えていきたいと思います!
楽しく、健康になろう♪がコンセプトです。
よろしくお願いします!

その他のショートショートも、もちろんやってます!
お楽しみ下さい!楽しいも怖いも不思議もごちゃ混ぜは変わらずです!

Twitter:さささ ゆゆ@sa3_yu2





 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容