びっくり箱

8
11

ある日、公園を散歩中にびっくり箱を拾った。蓋を開けると中は空っぽだった。
フニャアア!
いきなり猫が飛びかかってきた。悲鳴をあげると、猫はすぐに走り去ってしまった。
なんなのよ、もう。
「どうしました?」
ジョニング中のイケメンが声を掛けてきた。
「いえ…」
「びっくり箱ですか?」
「これはただの箱で」
閉じていた蓋を開けると、いきなりイケメンが私に抱きついてきた。
「えええ!?」
「す、すいません!」
イケメンも自分の行動に目を白黒させていた。

これはまさか、びっくりを呼ぶ箱?

私はイケメンとの次の展開に期待して、箱を閉じてから、もう一度開いた。

「あんた、人の彼氏に何やってんのよ!」
まさかの彼女登場だ。
「好きです。つきあって下さい」
何言ってるの、イケメン!?
「ぶっ殺してやる!」
彼女が包丁を取り出した。
「君は早く逃げろ!」
私をかばうイケメン。

びっくりが止まらない。
ファンタジー
公開:19/07/05 06:41

のりてるぴか( ちばけん )

月の音色リスナーです。
ショートショートって難しい。
最初の頃は400字は短すぎるなんて思ってましたが、色々書くうちに400字に無限の可能性を感じるようになりました。

読んだ人の心が少しでも動いたらいいな。何かを感じてくれたらいいなと思って書いてます。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容