05. 筋肉戦隊ムキレンジャー

9
12

「ダン・ベル! ダン・ベル!」
路上でダンベルを高々と放り投げ、受けては投げるという大道芸のような事をしながら、闊歩している五人組がいた。
スーパー戦隊ヒーローである。
そんな彼らは、海で子どもが溺れているという一報を受け、ダンベルを投げ捨て現場へ向かった。

「大胸筋ジャー!」
「上腕二頭筋ジャー!」
「腹筋群ジャー!」
「広背筋ジャー!」
「大腿四頭筋ジャー!」
「「「「「見とれろ! 筋肉戦隊ムキレンジャー!」」」」」

五人がそれぞれ自慢の筋肉を見せつけるポージングを取っている。
「筋肉はどうでもいいから早く助けて!」
「任せなさい!」
五人が威勢よく海へ飛び込む。しかし飛び込んだ早々、揃いも揃って藻掻き始めた。

「「「「「「Oops!」」」」」

「まさか泳げねぇのか!」
「沈んでいってるー!」
「助けてやれ!」

お騒がせした彼らは、翌日より『謹慎戦隊ムキゲンジャー』とされた。
その他
公開:19/03/28 01:23
『壬生モンキーパーク』 5曲目 そるとばたあ宿題 アルバム作り(壬生ver.) スーパー戦隊シリーズ⑧

壬生乃サル

自由きままに、気の向くままに。
サルも木から落ちる・る・る~。

壬生乃サル(MIBU NO SARU)
Twitter(@saru_of_32)

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容