とにかく、毎日が新しい日なんだ。

12
12

「ねえ、今日はどんなお話をしてくださるの?」
「そうだね。料理の話をしようか。私がヘミングウェイの『老人と海』という本を読んだ時、カジキとの死闘が凄いんだよと、興奮して女房に話してね。そしたら翌日、ヘミングウェイカジキの煮付けよって。これが美味くて。秘密はね、甘味が柚ジャムなんだと教えてくれた」
「奥さんお料理お上手なのね」
「そうなんだ。ヘミングウェイの煮付けは特別美味かった。滅多におかわりしないのに、ついついご飯を三杯食べたよ」
「貴方は夜中食べ過ぎて苦しそうだったわ」
「そうだよ。美味しかった。ヘミングウェイの煮付け。ありがとう」
「また作るわ。おやすみ」

病室を出る

女房はもう俺の事を誰だかわからない。でも、ヘミングウェイの煮付けの話をすると、たまにだが、昔の女房が戻ってくる。

「ねえ、今日はどんなお話をしてくださるの?」
「そうだね。料理の話をしようか……」
その他
公開:19/03/26 08:00
更新:19/03/31 17:31
スクー つい食べ過ぎるヘミングウェイ 老人と海

さささ ゆゆ( 神奈川 )

「漢方ショートショート」シリーズを始めました!

漢方に関する本は色々とありますが、「漢方ショートショート」は不思議な話に漢方を織り交ぜて、不思議な話から皆さんの記憶に残る「漢方養生」を伝えていきたいと思います!
楽しく、健康になろう♪がコンセプトです。
よろしくお願いします!

その他のショートショートも、もちろんやってます!
お楽しみ下さい!楽しいも怖いも不思議もごちゃ混ぜは変わらずです!

Twitter:さささ ゆゆ@sa3_yu2





 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容