平成の馬券オヤジ

14
13

ある晴れた春の日、千葉の海岸沿いでおじさんが打ち上げられていた。

住民の通報を受けて、消防隊員が駆けつけた。
衣類を確かめると上着に何か入っている。赤鉛筆とスポーツ新聞だ。

見出しには「怪物オグリキャップ、ラストラン」とあった。
新聞の日付は1990年12月23日。平成2年、有馬記念の日だ。
この男はそんなに長く海を漂っていたのか。

「……うーん」
まさか、生きている?
消防隊員は顔を見合わせた。

「武豊さえ、オグリさえ買っていれば……」
馬券を外してやけになり、酔っ払って川に落ちたらしい。
気がついたら海岸に流れ着いていたという。

隊員の一人が伝える。
「今は2019年です。平成はもうすぐ終わりますよ」

「そうなのか……」
おじさんはとても寂しそうな顔をした。

「これは払い戻せないな」
その手には、ボロボロになった最終レースの馬券があった。
その他
公開:19/03/22 17:20
更新:19/03/22 19:21
おじさん祭り 馬券の払い戻し期間は60日

ロッサ( 大阪府 )

短い物書き。
皆さんの「面白かったよ!」が何よりも励みになります。誰かの心に届く作品を書いていきたいです。

54字の物語・更新情報はTwitterでチェック! ぜひ遊びに来てください。
https://twitter.com/leyenda_rosa

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容