虹の思い出

0
4

あれは・・・
空に赤とんぼが飛び始めた頃でした。

その日、私は、近くの公園で娘と一緒に遊んでいました。
地面に咲く花をたくさん集めて、花飾りを作ったり、追かけっこをしました。

娘は、前よりも、足がすばしっこくなっていて、なかなか追いつくことが出来ませんでした。

私達が遊び疲れた時に、二人の頭上を一機の飛行機が追い抜いていきました。

その時です。

私達は、初めて、虹を見ました。
赤みがかった空に、七色の光が満ちあふれていました。

「綺麗だね」
私は、そう言って、娘の頭を撫でました。

娘は、ぽかんと口を開けながら、初めて見る光景に驚いているようでした。

私と娘は、この光景をしかりと焼き付けるために、たまたま、持ってきていたスケッチブックに書き残しました。

虹は、どんなに時間を経ても変わらなくて、美しいままです。
私達の希望と期待のように・・・
その他
公開:19/03/21 21:00

神代博志( 神様がいるところ )

人間は、忙しさに追われると、求めていた記憶を失い、ただ、目の前の仕事に取りかかるだけの社会となる。

倫理とは、他人の意見を尊重し、それを批判し、新しい分野を形成するものである。
でも、決まって心は揺るがない。(←心は魔法のワード。チーズをのせてもいいけど、何の脈略もない)

国の発展には限界があり、そのうち、ゴーストタウンがいたるところにできていく。
国民の貧富の差は激しくなり、心にゆとりがなくなった国民が大勢集まり、国の改革に乗り始める。
それを静観する者は社会に溶け込み、社会の行方に従い、見届ける。
一番良いのは、誰も傷付かない公平な世界。だけど、人間は人間だから、それは難しい。















 

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容