模様替え

5
10

湖のほとりに神と女神が立っていた
『今日は模様替えよ』
女神が木に手をかざすと、幹の一部分が引き出しのように飛び出た
神は中からボタンを取り出し、呪文を唱えながら押した
その瞬間、湖畔の土地はすり鉢状に競り上がり、あらゆるものが湖に流れ込んだ

『どうする?』
「この前はシルバー、今はゴールドだからなあ。青にでもするか」
『センスいいわね』
女神が湖面に手を翳すと、雪崩れ込んだ物質の全てが青に変わっていった
二人はその様子を見届け、湖底へと戻った

『古い家具は捨てないとね』
女神はいるものといらないものを分別し、神がゴミ袋に詰めていく
中身は金銀財宝だがそんなことは関係ない
作ろうと思えばいつでも作れるのだ

ポチャ

その時、湖面から斧が沈んで来た
『また人間ね』
「はあ。お前ちょっとからかって来いよ」
ブクブクブク
『あなたが落としたのはこの金の斧ですか?それともこの銀の斧ですか?』
ファンタジー
公開:19/03/21 14:54

西木( Tokyo/Tokushima )

コツコツ書きます。
皆さんの素敵な作品を読めて幸せです。
84(20190624 回転)

【twitter】
https://twitter.com/fabian_westwood
【Instagram】
https://www.instagram.com/fabian_westwood
【hp】
https://away-okuba.amebaownd.com/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容