耳たぶの穴と指の輪

6
13

遠方に住んでいるYさんが、ノンホールピアスを集めているという。プレゼントしようか。しかしセンス悪い僕が一人で買いに行くのは心もとない。一緒に行ければ良いのに、と思った時、耳たぶに激痛がはしった。
洗面所の鏡で自身の耳たぶを見ると、大きな穴が開いていた。その穴の向こう側に女性が映っている。Yさんだ。親指と人さし指で輪を作っている。そして、それを目にあてた。あまりの可愛さに、僕は思わず鏡に映った穴に手をのばした。
にゅる、と吸い込まれた。え? と思った時には、体ごと飲み込まれていた。
体が叩き付けられると同時に「きゃっ!」と悲鳴が聞こえた。起き上がると目の前にYさんが、いた。
「や、やぁ……」
Yさんが口をパクパクさせている。僕が指の輪から飛び出てきたらしい。耳たぶの穴と指の輪が繋がっていたのだろうか。ふと、耳たぶを触った。穴は閉じている。
どうやら僕は、ここで新たな生活を送る事になりそうだ。
その他
公開:19/03/20 23:45
新生活

壬生乃サル

自由きままに、気の向くままに。
サルも木から落ちる・る・る~。

壬生乃サル(MIBU NO SARU)
Twitter(@saru_of_32)

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容