今、だけ

0
4

一生なんて出過ぎた真似は言わないから、お願い、今だけは側にいて。

度の過ぎたわがままだと分かっているから、お願い、今はただ黙って抱きしめて。

あなたのあたたかい腕の中、ふいに瞼を開ける。

陽の光に照らされた色素の薄い髪がどうしようもなく愛しく思えて、母に触れる赤子のように手を伸ばした。
恋愛
公開:19/03/15 07:06

きざはし(@kuruizaki63)と同一人物。
140字小説を書きます。

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容