3
5

「意気地なし!」
幼馴染の恵に告白しようとして今日も勇気が出なかった。
肩を落とし家に帰るとリビングにマッチョが座っていた。
「どうも私、絞る人です」
マッチョはポーズを決め、キレッキレの肉体を披露した。
「貴方、意気地なしで勇気を全く出していないとお聞きしました。私、その勇気を是非とも絞り出したいと思い馳せ参じました」
マッチョが僕に迫る。
僕は逃げ出した。意味が分からない。恐怖しかない。
「きゃっ!」
無我夢中で逃げていると道で恵とぶつかった。
目の前には不機嫌な恵。後ろからは笑顔で迫ってくるマッチョ。
マッチョに絞り殺されるぐらいなら言いたいこと言って死んでやる!
「君が好きだ!」
恵に告白した。
「私も好き!」
恵も答えてくれた!
「どうやら、お二人とも勇気を振り絞ることが出来たようですね。では私達はこれで」
マッチョは恵の後ろで笑顔を浮かべるマッチョガールとともに帰っていった。
公開:19/03/01 18:36

魔法動物フィジカルパンダ

元・パンスト和尚。
7月9日、試しにペンネーム変更。気分転換を図る。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容