兄・兄六事件

8
6

「えっ兄ちゃん、一体どうしたの?」
学校から帰って来たうちの兄きが、なぜか六人に増えていた。
「いや」
「よく分からん」
「さっき」
「沼へ遊びに」
「寄ってから」
「こうなった」
六人がリレーのように話しだした。
「うざっ⋯⋯」

取りあえずその沼まで行ってみることにした。
「この沼で」
「釣りをしてから」
「六人に」
「増えた」
「らしい」
「ぞ」
あたしは沼の水にそっと触れてみた。
「うーん、とくに何の変哲もない沼だけどねぇ」
その途端、ゴロゴロとお空が鳴ったと思ったら、沼に突如カミナリが落ちた。
ピシャーーーーン!
「きゃあッ!」
「う」「わ」「ぁ」「ぁ」「ッ」「!」

「あれっ!? 妹よ、兄ちゃん無事に一人に戻ったぞ!」
ああ、なんて自分勝手な兄きなんでしょ。
「ええ」
「それは」
「大変」
「良かった」
「わ」
「ね」
「うざっ⋯⋯」
あたしたち六人は同時にそうつぶやいた──。
SF
公開:19/02/26 00:12
更新:19/02/26 00:15
ショートショートカレンダー 2月26日は二・二六事件の日

渋谷獏( 東京にいるけっどカンサイジ〜ン♪ )

(獏・ω・) 渋谷獏(しぶたに・ばく)と申します。
土器っ土器っ〜♪ 獏ぅ獏ぅ〜♪
https://twitter.com/ShaTapirus
https://www.instagram.com/tapirus_sha/
http://tapirus-sha.com/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容