消えr .

6
9

消える音が好きなんだ

泡が弾ける時の音
時計の針が止まる音
新芽が育ったユズリハの
はたりと落ちる去年の葉

消える色が好きなんだ

朝陽が払った夜の色
水に混ざった磨り硝子
今飲み干した珈琲の
湯気の名残りを吐いた息

消える気配が好きなんだ

波紋の凪いだ水面も
放した指の温もりも
少し乾いた傷痕も
君のくれた『サヨナラ』も

消えるものが好きなんだ

どんなに強く願っても
いつか無くなるものだから
なるべく抱いていたいんだ
どんなに胸が痛くても


いつかは消えてしまうなら
青春
公開:19/05/15 01:00

創樹( 富山 )

創樹(もとき)と申します。
前職は花屋。現在は葬祭系の生花事業部に勤務の傍ら、物書き(もどき)をしております。

小石 創樹(こいわ もとき)名にて、AmazonでKindle書籍(電子/紙)を出版中。ご興味をお持ちの方、よろしければ覗いてやって下さい。

☆SSGと皆様のお陰で生まれた本たち☆

ショートショート・アソート
Ver.0~街角のキセキ(※無料お試し版)
Ver.1~フラワリング・ライフ
Ver.2~机上ファンタジア

詩集
君に伝えたかったんだ。

いつも本当に、ありがとうございます!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容