鼻唄美女

4
7

憧れの先輩とすれ違うと、やっぱり今日も鼻唄が聞こえる。でも、先輩に聞いても微笑むばかり。音楽は止まらないのに、鼻唄を唄っているようにはとても見えない。

だから僕は、ふわりと浮かんでいる音符を捕まえて、先輩の前に差し出したんだ。

「ほら、唄ってるじゃないですか」

証拠を突きつけられたというのに、先輩の微笑みはさらに深くなる。

「それ、あなたのよ」

えっ?きょとんとした僕に、先輩は顔を近づけてくる。

「鼻唄はね、心の音が自然に溢れ出たもの。本人はどんなメロディかなんて知らないし、気にもしない。でも音符は違うわ。その気持ちを記録するもの。あとから何回も何回も思い返すために」

どきりとした。先輩は「私には聞こえてるわよ」と言わんばかりに、音符を耳にあてて笑う。

落ち着け。じゃあ、さっきから僕に聞こえてるこの鼻唄はやっぱり…。

僕から音符がまたひとつ、弾け飛んだ。
恋愛
公開:19/05/14 23:27

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容