胃空間

12
7

うちの嫁は、何でもかんでもよく喰う。

子ができた時に食欲に火がついたらしく、それ以来、家の食い物は残らず嫁の胃の中へ消えていく。いくら食料を補充しても無くなるので、食費が馬鹿にならない。
とうとう近くの山で採れる山菜や、虫、蜥蜴のようなものにまで手を出し始めた。
「お腹が空いて仕方ないのよう」
と、始終喰っているが、体は細くお腹もぜんぜん出てない。
一度、病院で診てもらうか⋯⋯。

やけに静かだと思っていると、飼っている犬の姿が消えていた。
「おい、ジョンのやつ逃げたぞ」
珍しく食い物を手にせず、我が子に乳をやっていた。
「あら、そう?」
惚けた顔付きの嫁の胸元を見ると、我が子に似せた人形を抱いていた。
「お、俺の息子を⋯⋯何処にやった!?」
「ここよ」
大きく開けた嫁の口を覗き込むと、そこには星々の煌めきが広がっていた。
ずぽっという音とともに、俺はその異空間に吸い込まれていった──。
SF
公開:19/05/10 13:35
更新:19/05/10 15:30
ショートショートカレンダー 12月11日「胃腸の日」

渋谷獏( 東京にいるけっどカンサイジ〜ン♪ )

(獏・ω・) 渋谷獏(しぶたに・ばく)と申します。
土器っ土器っ〜♪ 獏ぅ獏ぅ〜♪
https://twitter.com/ShaTapirus
https://www.instagram.com/tapirus_sha/
http://tapirus-sha.com/

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容