VRの彼女

7
10

僕は、理想の女性とデートができるVR彼女を買ったつもりだったのだが。

「パパぁー!」

電源を点けると甲高い声が響いた。
「ブランコ行こう!」
VRは父親体験と化していた。
しかし、子供と触れ合う時間は想像以上に楽しく、僕は父性の目覚めを感じた。

ある日、散歩の途中で娘は言った。
「ねえパパ。ママ、いつになったら返ってくるの?」
「ママは出張だから、明日帰ってくるよ」
娘のことを思った嘘だった。
「ほんと!やったあ!」

罪悪感が押し寄せたが、そこから先は早かった。父性に満ちた僕は結婚相談所に登録し、一つ年上の女性とすぐに結婚した。

「ねえパパ。ママ、いつになったら返ってくるの?」
夕飯の支度をしていると息子が尋ねてきた。
「ママは出張だから、明日帰ってくるよ」

「えー!やだー!ママのご飯がいい!」

ぐずる息子にVRゴーグルを渡した。
「待ってる間、お姉ちゃんと遊んでいなさい!」
その他
公開:19/05/09 23:44
更新:19/05/10 08:02
スクー 幼児化VR

ぱせりん( 関東 )

北海道出身です。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容