大岡裁き 異聞

0
5

「この子はあたしの子だよ!」
「いいや、あたしの子だよ!」
お白州の場で二人の女が、子どもの親権を巡って争っていた。

「では、その子の腕を一本ずつ引っ張り、勝った方を⋯⋯」
越前守は、前に上手くいった方法を再び試そうとしたが、
「奉行、三人目の母親が現れました」
「なんと!?」
予想外の事態におろおろとしていると、
「奉行、四人目の母親が」
さらに、
「奉行、五人目の⋯⋯」
と増えてゆき、お白州の場には母親を名乗る七人の女たちが登場した。
「一体どうなっておるのじゃ?」
越前守が首を捻っていると、突然、子どもが服を脱ぎ始めた。
その体には八本の腕が生えていた。

その場に居る全員が啞然としていると、空からUFOが降りてきた。
そして中からは、八人目のタコ型宇宙人の母親が現れた。
「コノ子ハ、アタシノ子デス」
母と子は、八本の手を取り合って天へと帰っていった。
「これにて一件落着ゥ──!」
SF
公開:19/04/27 13:34
ショートショートカレンダー 2月3日「大岡越前の日」 用です。すみません。

渋谷獏( 東京にいるけっどカンサイジ〜ン♪ )

(獏・ω・) 渋谷獏(しぶたに・ばく)と申します。
土器っ土器っ〜♪ 獏ぅ獏ぅ〜♪
https://twitter.com/ShaTapirus
https://www.instagram.com/tapirus_sha/
http://tapirus-sha.com/

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容