緑山墓地のラーメン屋台

11
7

「運転手さん、どっか美味いラーメン屋さん知らない?」
 知るか。ググれ。
「そこのガードのとこ毎日遅くまで行列できてますよ」
「あそこねぇ。普通だった」
「そうですかぁ。この裏の路地に味噌ラーメンの老舗がありますね」
「知ってる知ってる」
「お詳しいじゃないですか」
「そこそこね」
 なるほど。
「じゃあちょっと遠いですけど、緑山墓地の屋台なんて」
「それ! そこ行きたくて聞いて回ってたんだよ! タクシー運転手しか知らない幻の屋台!」
「かしこまりました」


 墓地は行灯を消したタクシーの殻で溢れていた。暗い道をのろりのろり進んでいくと、休憩中の運転手たちが煙草を呑んだり、競馬新聞を千切ったりしている。その奥にぽつりと明かりが浮かぶ。
「あぁやっと見つけた! ありがとう! いくら?」
「お代はけっこうです。お客さん美味そうだし」
 周りにいた赤い目の運転手たちも、にたにたと集まってきた。
ホラー
公開:19/04/27 12:10
地べたの雲

10101298

書き手さま読み手さま、私の名前が読めない皆さま、交流大歓迎ですっ。
Twitter: https://twitter.com/1o1o1298

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容