縞田馬太郎、密林草食系男子につき。

10
15

「咲、今日の夜暇?」
「ごめん!今日ゼミ飲みがあって」
「そっか…あ、そうだ。咲さ、同じゼミの縞田馬太郎、気をつけた方がいいよ」
「ああ、縞くん?」
「あいつ草食系男子に見せかけて、竹本さんもゆりちゃんも美菜子もみーんな食われてるって聞くから。あいつ、名前に植物が入ってたら誰でもって噂だよ!咲ももしかしたら花が咲く的な感じで…」
「私は大丈夫でしょ」

ゼミ飲みは途中で1人が酔いつぶれてしまい、介抱している間、縞くんと私だけが席に残っていた。

「咲ちゃんのこと、苗字で呼んでもいーい?」
「なんで?」
「伊藤ちゃん」
「何よ」
ビールジョッキを掴んでいた私の右手に縞くんの左手が触れた。
「伊藤ちゃーん」
「だから何よー」
持ち手を握る指は解かれ、気づくと彼の左手が絡められていた。
「伊藤の藤の字って、藤の花だよね」

お酒の勢いも相まって、結局、私も彼の手によって摘まれてしまったのでした。
その他
公開:19/04/24 20:15
更新:19/04/24 20:19
スクー 密林草食系男子

ぱせりん( 千葉 )

北海道出身です。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容