どんぶらこっこ

8
8

どんぶらこっこ どんぶらこっこ

私は暖かく、まあるいものだ。

どんぶらこ

ここに流れ着くまで、けして緩やかに流れていたわけじゃない。

1つの川だと思ったものが、実は二股に分かれていて、ザブーン!
のみこまれた。
悲しくて悲しくてこのまま私は消えて無くなるのかと思った時もあった。
でもどうにか踏ん張って。
そしてまた
どんぶらこっこ どんぶらこっこ

ある日、私の横を優しく見守りながら一緒に流れるどんぶらこと出会い、共になろうと言ってくれました。
ふたりは一緒にどんぶらこどんぶらこと。
いつしか交わり、ふたつがひとつに。
もはやふたりではなくひとりになりましたとさ。


「どんぶらこっこ…どんぶらこっこ…」
眠れず小さく囁きながら、自分の額を彼の背中に当てる。

スースースー…

彼の寝息が聞こえる。
窓から見える月を見上げながら、私は結婚したのだなぁと。

めでたしめでたし
恋愛
公開:19/04/23 11:16
更新:19/04/23 11:17
結婚祭り ふたりのものが一心同体 マルコの福音書+桃太郎 末永くお幸せに

さささ ゆゆ( 神奈川 )

面白いも怖いも不思議もごちゃまぜ♪

1つ1つ味付けが違います!

色々な味をお試しくださいませ☆

その他創作はTwitterでお知らせしてます
さささ ゆゆ@sa3_yu2





 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容